Photo & CG作製室 ◇トップに戻る◇
2009/8 記録
  TOP画像が、出来るまで

・久しぶりに、写真に3Dキャラクターの合成をやってみました。「合成処理をしてみたい」と、言う方の参考になれば、良いかと思います。
 使用ソフトは、「ペイントツールSAI」「Photoshop 5.0 Limited Edition」「Poser・7」です。


────────────────────
Step・1
 先ずは、写真の用意です。被写体は、同僚所有の『スズキGSX1300R』です。
デジタル一眼で撮影したときの、画像サイズ(3800x2850ピクセル)を(2400x1600)に小さくして使用しました。
 *メモリーに余裕がある人は、そのままでも良いです。




 上の写真が、元画像です。



 後で画像にキャラクターを合成するので、余裕を持って高さを足しておきます。



Step・2
 まずは、バイクだけを切り抜く準備をします。「ペイントツールSAI」で画像を読み込み、『ペン入れレイヤー』を作成し、『ペン入れツール』を使用して、バイクの外側ギリギリを赤い線で丁寧になぞって、囲んでいきます。更に、『制御点』を根気よく調整して、Photoshop形式で保存します。





Step・3
 「Photoshop」で、Step・2で保存したファイルを開きます。
 「ペン入れレイヤー」の、赤い線の内側を「自動選択ツール」でクリックし、選択範囲を1ピクセル小さくして、クイックマスクでマスクを作ります。
 マスクを「フィルター」にある「ぼかし」ツールで全体を一度だけぼかします。(後で背景となじみやすくするための、ワンポイント)
 さらに、細かい部分をブラシツールでマスクをかけます。(根気よく丁寧に)






 作業が終わったら、クイックマスクを解除して、選択範囲が表示されたまま新規レイヤーを作り、このレイヤーにマスクを適用させます。レイヤー名を「マスクレイヤー」と変えて上書き保存します。



Step・4
 新規にレイヤーを作り(レイヤー名を任意の名前にする)マスクレイヤーのマスクの上で右クリックし、レイヤーの透明部分を選択して、レイヤーマスクを作ります。
 次にレイヤーに色を付け、細かい部分に手を加えていきます。



 ・風防の写り込みを、背景に合わせる。


・それなりの影を、乗算でレイヤーを作り、加えます。


 ここまでの行程を終えて、上の画像になりました



Step・5
 キャラクターを「Poser]で作り、レンダリングして画像を保存します。



*画像は、バイクと合成するときに少し小さくするため、高さ1600ピクセルくらいで、白背景で出力しました。(画像は、見やすくするために灰色の背景です)






Step・6
 Poserで作成したキャラクターの画像をコピーして、新規レイヤーとして貼り付けます。
 後は、Step・1〜4の応用でレイヤーを作成し、合成していきます。




 キャラクターとバイクの明るさを調整して、仕様表などを書き込んで、完成です。





───────────────────────
 以上が、一連の工程です。もっと詳しく、丁寧に説明すればよいのですが、皆さんの理解力にお任せすると言うことで、終わらせていただきます。